文章の一致

出品者ID:camera_prostore の出品物から引用
camera_prostore01.jpg


「ウランガラス同好会HP」より引用

アトムレンズとは?
(トリウムレンズとは?)
(放射能レンズとは?)
 レンズに酸化トリウムを使って、屈折率の高いレンズを製造することは、1948年に米国で発明され、1953年に、ドイツのエルンスト・ライツ社のライカ(LEICA)が「ズミクロン(Summicron)レンズ」として採用し、「空気さえも写る」という素晴らしい評判を得たそうです。

米国の「放射能を含んだ一般消費財」のページ(下記)より、KT会員の翻訳
「トリウム入りレンズ」
 光学レンズを設計するためには、屈折の高いガラスを使用することが望ましい。屈折率がより大きいと、それだけ光をより多く曲げることが出来る。これでガラスの必要な湾曲を減らすことが出来るので、レンズはより薄くて、もっと軽くすることができる。1949年に、コダックのPaolis により、特許(トリウム12%、ボロン36%、ランタン12%、バリウム20%、カルシウム20%)が出された。後に、最高28%のトリウム酸化物を含むようになった。




出品者ID:camera_proshop の出品物から引用
camera_proshop02.jpg

「J-カメラ:繋がる、カメラ回想録 No.2 ローライフレックス3.F」より引用
※一部抜粋です

ローライフレックスを愛用した恩師・三木淳、木村惠一両先生が、「ローライはサンハン(F3.5)のプラナー付きに限る」としばしばおっしゃっていたから。

ローライフレックスは戦前から垂涎の的だったから、被写体になる年配の方々は、カメラバッグから取り出しただけで、「ほほう、ローライですか。こりゃ懐かしい」と頬をゆるめてくださり、結果的にいい表情が引き出せたこともしばしばだった。

人物だけでなく、商品撮影にもよく使うし、動くものを撮る時にはプリズムファインダーを常用している。


「ポコホーム 2006/12/15 私のカメラ自慢(ローライフレックス3.5F)」より引用

戦前から高級カメラといえば「ライカ ローライ」といいはやされてきたものであった。

一般的にはやはり「ライカ ローライ」が人気を集め、カメラファン垂涎の機種であったことは間違いない。

またプラナーは情緒的な描写、クセノタールは緻密な描写といわれる。どの機種を選ぶか、ファンにとってはまことに難しい選択を迫られる。苦渋の結果私は比較的ワイド系が好みであり、またピントギリギリよりも味のある描写を・・・ということで3.5Fを選択した次第である。

ローライ3.5Fを手にしてみるとその優雅なスタイルに心を奪われる。


camera_proshop03.jpg

「ポコホーム 2006/12/15 私のカメラ自慢(ローライフレックス3.5F)」より引用

ローライは単なる道具としてではなく美術品としても十分鑑賞に堪えるほどの魅力を持っている。上下の大きなレンズの円、横に並んだ小さな円(絞りとシャッターダイヤル)、対するに二重の正方形の直線(ファインダーフード)、ボディ左側の焦点調節ノブ、右側の巻き上げクランク、ネームプレート書体、そして全体の印象を引き締める白と黒、ただただ素晴らしいの一言に尽きる。


「J-カメラ:繋がる、カメラ回想録 No.2 ローライフレックス3.F」より引用

ズームレンズ全盛のいま、レンズ固定式というのは不便なように思われるかも知れないが、レンズが交換できないぶん、限られた画角の範囲内で最大限の工夫をしようとするから、フットワークや被写体との距離感が磨かれ、かえってよい結果につながることが多い。交換レンズを買わなくて済むので、トータルで安く上がるのも、利点の一つだ。
コンパーシャッターの作動音は静かで、可動ミラーがないからショックも少なく、シャッターボタンを前から後ろに押し込む構造もあいまって、ブレにくい。
状態のいいものを一台持っていれば、フィルムある限り、生涯の友となる、そんなカメラだ。




出品者ID:sige11304661 の出品物からの引用
sige1130466101.jpg


価格.com ユーザーレビュー
『「美のファーストクラス」』 ☆Libra☆さん のレビュー・評価 からの引用
※一部抜粋です。

「美のファーストクラス」

ただ、この5D MarkⅡの持つ独特の艶やかさや透明感、
さらには空気感というか、空間感覚みたいなものはちょっと独特です。

手を伸ばせば 触れてしまえそうなほどの物体の質感、
様々な自然の息吹、動物たちの息遣い…

震災、洪水、円高、増税‥
工業製品を 取り巻く不安定要素が渦巻く中、
確実に手に入るうちにこのモデルを選んでおくのもそれなりの意味がありましょう。

至福の一枚がこのカメラに宿ります。




出品者ID:nakaz0002 の出品物から引用
nakaz000201.jpg


「●●● Rollei35owner'z - Rollei35とは??」より引用

資料によりますと、このRollei35はドイツの天才設計者ハインツ・ヴァースケ氏により設計され、今から約40年前の1967年に発売されました。いわゆる35mmサイズの一般的なフィルムのカメラとしては驚異的な小型軽量を実現しているのが大きな特徴です。

このカメラは、露出計はドイツの名ブランドのゴッセン製を搭載、レンズは超一流のカールツァイス製の名レンズテッサー(後にシュナイダー製クセナーも登場)を搭載し、またデッケル社のシャッターを搭載する等、当時の一流メーカーからの部品供給を受けて作られたカメラで、発売当初の価格は67,000円で、当時としてはとても高価なカメラでした。


nakaz000202.jpg

「●●● Rollei35owner'z - Rollei35とは??」より引用

これだけ古いカメラでありながら、実際に使ってみると、このカメラの素晴らしさ、楽しさ、満足感は無限大に広がります。機械的なカメラを所有する喜び、驚くほど良く写るレンズ、フルマニュアルカメラを操作する楽しさ、バリエーションの多いボディとレンズの中から自分にフィットするカメラを選べる楽しさ、または複数のバリエーションを収集する喜び・・・・・等々、このカメラ所有する喜び、楽しさ、満足感は無限大です。

また40mmという画角はとても絶妙で大変心地よく、風景にもスナップにも万能に使えます。


  • 最終更新:2013-05-20 19:44:39

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード